ミッション

私たちは、よりよい環境と生活を享受できる世界の実現に、青年レベルで寄与します。

「環境」は人間の安全保障・経済格差・ジェンダー・自然環境保全などを含む人間生活の根本に関わる包括的な概念であるという認識の下、人々がよりよい環境と生活を享受できる世界の実現を、青年の立場から目指します。

ビジョン

私たちは、エコ・リーグ インターナショナルチームの活動―世界と日本の青年が行う持続可能な社会のための活動をつなぐこと―を通じて、それぞれの活動の意義を最大化する基盤を提供します。

持続可能な社会は一国だけの環境が改善されれば達成できるというものではありません。いまや環境問題による被害は国境を越えて広がり続けています。また、日本は世界有数の資源消費国であり、同時に環境汚染物質排出国でもあります。以上を踏まえ、かつ日本の世界における経済的、社会的な位置を鑑みたとき、国際社会において私たちが果たすべき役割は非常に大きいものと考えます。その重要性は、環境改善活動の主要なアクターであり、今後の社会で活躍していく青年においてもなんら変わるものではありません。
これまで、日本国内においては青年の環境活動は活発に進められてきました。現在では、ほとんどの大学に環境問題を取り扱うサークルが存在し、その規模、内容ともに発展し続けています。さらに、青年の活動はキャンパスにとどまらず、地域社会や企業、行政と連携してのユニークな活動も増えています。しかしながら、そのほとんど全てが国内の環境問題を対象にしており、国際的に活動する青年環境団体の数は非常に少ないのが現状です。

その理由としては、主に(1)情報不足、(2)機会不足の2点が挙げられます。これまで、日本の青年が、他国の環境問題の状況や、それらの問題に対するそれぞれの国の青年の環境活動についての情報に触れることはあまりありませんでした。したがって国際的に活動することの重要性の認識も生まれにくかったといえます。さらに、そのような認識の欠如が、国際的な活動をするための機会を生んでこなかったと考えられます。
このような現状を打開し、青年レベルでの北東アジアを中心にした国際環境協力を進めるためには、それらの活動を扱う拠点が日本国内に必要です。私達エコ・リーグ インターナショナルチーム(EIT)を正式に設立し、今後国内外で活動を進めていくことにしました。
環境問題に強い関心を持つ青年は確実に世界中に存在していますし、その数は増えています。青年一人ひとりの持っている時間や知識、資金は限られたものですが、ノウハウとマンパワーの共有・交換を進めていくことで、環境に対して大きな貢献を行うことが可能になるはずです。エコ・リーグ インターナショナルチームはその可能性を信じ、実現に向けて取り組んでいきます。