環境英語勉強法

Speaking

■話せなければ悔しいです

英語の能力には、Speaking、Reading、Listening、Writingの4つの能力がありますが、僕は、会議で一番必要Speakingの勉強に99%の時間を当てることをオススメします。(注:他の3つの能力が必要でないわけではないです!)。僕は会議中に「伝えたいけど伝えられない」というむずむずした悔しい思いをしました。

【初級】英語の3分スピーチ×10個!!

環境問題や日本の環境活動について、どんなに難しい知識を持っていても、それを英語として話すことができなければ意味がありません。そこで、よく話すと思われる以下のようなテーマで、3分スピーチを10個くらい用意し、話す内容を予めまとめておくことをオススメします。

<テーマの例>

  • 自己紹介(一番オーソドックスなやつ+趣味など)
  • 自分の専門の勉強について
  • 自分の夢について
  • 自分が環境問題に興味を持った時期やきっかけ
  • 環境問題に対する自分自身の意見、考え方
  • 自分の活動紹介
  • 現在の日本について
  • 日本の青年の環境活動について  
  • 日本の若者について
  • 日本文化について
  • 参加各国の印象
  • 世界の時事問題に対する自分の意見
  • 最近自分の周りではやっている物の紹介

ただ用意するだけでは意味がなく、暗記しないと意味がないので、何回も声に出して読んでいれば、自然とlisteningの練習にもなります。

【中級】質問に対する答えの準備

初級で10個の3分スピーチを用意できたら、次はそれに対する質問への答えを用意することをオススメします。去年、僕は「日本青年の環境活動」についての紹介を行ったのですが、その後他国の参加者からの質問攻めにあって大変でした。
例えば、

  • 自国でもエコ・リーグのようなネットワークを作りたいのだが、どうしたらいいか?
  • なぜ、日本は全国のネットワークを作れたのか?
  • 環境教育について、日本では発表以外にどういった内容がある?
  • リユース市について詳しく教えて!!

他にもたくさんありました・・・・日本語では分かるのに伝えられない・・・

自分の内容を予め誰かに話してみて、質問をもらっておいてそれに対する答えを事前に用意できれば、会議の当日かなり役に立ちます。(Tさん)

■口を動かす練習を!

他人の発音には寛容になった方がいいですが、自分の発音には厳しくなった方がいいです。甘っちょろい喋りだと、普通に通じないです。凹みます。
突然英語を喋ろうとすると、脳以前に口が動いてくれないので、毎日英語を「言う」訓練をしておいた方がいいかな、と思います。素材としては、NHKのラジオで夜、岩村圭南というおじさんのやっている講座があります。なんか異様なテンションの番組ですが、それなりにためになるので、特に素材がないなぁという方はぜひ試してみてください。(Mさん)

■通学時間を有効に

ウォークマンに英語ニュースや、英単語を入れ、毎日通学の歩いている時間や電車の中で聞きながら、できるだけ後を追って小声でしゃべるようにしています。電車の中では、大声にならないように注意を!小声でも変な人に見られがちですが。                           (Kさん)

Listening

■インターネットニュースがお勧め

BBCニュースはインターネットで聞くことができます。http://www.bbc.co.uk/radio/
中でもOne Planetというプログラムはは特に環境や開発問題を扱っているのでお勧めです。(Kさん)

Reading

■普段読む量を

国際会議中使う資料は原則全て英語です。普段、英語を読む機会がない方は、とりあえず毎日英語を見て、抵抗感を薄くした方がいいかと思います。おすすめツールは、「TUNZAマガジン」。(TUNZA は国連環境計画(UNEP)の戦略環境の推進する青年の環境ネットワーク) 環境の話題だし、英語も割と読みやすいですよ。(Mさん)

その他にもEITメンバーが愛読しているニュースレター/ RSS NEWS FEEDのリストです。
簡単に登録できるのでトライしてみてください!!

Misc

■プレゼンテーションは写真を多用

もちろん英語も頑張りましたが、、国際会議には他国でも英語の苦手な人もいます。プレゼンの際にはできるだけ写真や実物を持って、見て分かるものを心がけました。発表のパワーポイントでは、10秒に1回ぐらい写真が変わって内容を伝えられるものが効果的でした。また日本語で書かれていても、ニュースレターやチラシなんかも雰囲気が伝わるのでいいかと思います。(Kさん) 

■国際会議では

  • あまり日本人だけで固まらないこと
  • 埋もれないようにすること

前者は言うまでもないですが、後者も結構大事だと思います。
自分を印象付けるキーワード、ネタをしっかり持っておくのがよいかと思います。それでは、まずは英語を喋ることに対する羞恥心を取り除くのが大事です。(Mさん)

■ボランティアをしながら英語のスキルアップ!

Japan For Sustainability では、日本の環境ニュースを英訳し海外へ、海外の人からの情報を日本語訳して日本に発信するボランティアを行なうことができます。チェックはプロ方が行なってくださり、環境のボランティアをしながら、英語のスキルアップを行なうことができますね。(Kさん)

■便利サイト

  • 英辞郎on web - オンラインの和英、英和辞書です。かなりいろんな表現が載っているので発表の準備等はいつもこれを使っています。
  • EICネット - 環境に特化したの用語、キーワードの検索ができます。用語の意味や関連サイトも知ることができます。
  • 市民のための環境学ガイド - 英語とは関係ありませんが、環境活動を行なう上で知っておきたいニュースや解説があります。国連大学副学長、安井至先生のホームページです。